« 架空請求ハガキ | トップページ | SARAH,SARVHが、また懲りもせずに・・・ »

2006年10月31日 (火)

必修科目履修漏れ

最近ニュースで話題になっている高校の必修科目履修漏れについて、ふと思った事。

履修漏れが発覚した高校の生徒達の憤りを紹介する等で、いかにも彼らが被害者のような印象を受ける報道がやけに多い気がする。

いや、確かに被害がまったく無いとは言えないのだろう。
しかし、よくよく考えると、彼らが補修として追加する事になる学習時間は、イコール必修科目を正しく守っている学校の生徒よりも、受験に必要な科目の学習を増やしている時間でもある訳だよね。

・・って事は、つまり一般の生徒よりも、遥かに有利な立場にある訳だ。

んで、履修漏れの教科を補修でカバーする事になったとしよう。
結果的にどうなるかというと、補修が加わった分、トータル的な学習時間は一般の生徒よりも増える事になるだろうが、どの教科の時間が増えたのかというと、必修科目の代わりに行っていた授業、つまりは受験の対象科目という事になる。

そう、結果的には一般の生徒よりも受験勉強を余計にやったという状況が生じる訳である。

この状況って、そんなに受験に不利になる事なのかな?
(追い込み時期に追い込み出来ないってのはあるかもしれないが・・)

俺はどちらかというと、決まり通りに必修科目履修を行った学校の生徒の方が、不利な状況になってるのではないかと心配だ。
ましてや、履修漏れの学生達に救済措置なんぞ取られたら、ますます不利になるのでは?

実際のところ、履修できている側の生徒はどう思っているのだろう?
各メディアには、こういった面の声も報道してもらいたいものだ。

|

« 架空請求ハガキ | トップページ | SARAH,SARVHが、また懲りもせずに・・・ »

「戯れ言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137953/12496344

この記事へのトラックバック一覧です: 必修科目履修漏れ:

« 架空請求ハガキ | トップページ | SARAH,SARVHが、また懲りもせずに・・・ »