« 太陽光発電:業者探しは難航か? | トップページ | わが子は賢い?(親バカ) »

2010年9月11日 (土)

マイホーム:地盤調査結果

SS方式での地盤調査結果を受け取った。

地下2~3mあたりが自沈層になっており、柱状改良が必要との事。
ネットで調査結果の見方などを調べつつデータを確認したが、軟弱層の部分が思ったより厚そうだ。
地盤補強せねばならんだろうという事を覚悟しつつ、設計士と打ち合わせた。

状況の説明を受けたが、あらかじめ調べて想定しておいた内容と大差なし。
地盤補強をする旨を伝え、見積もりを依頼しようとしたところ、既に2種類ほど見積もりが作ってあった。

前回の説明では、「SS方式では改良要と出てくるのは目に見えているので、表面波方式で確認して表層改良程度で良いのは?」という話だったが、スッと柱状改良の見積もりが出てくるあたり、予想以上に地盤が弱そうなのかも。
#今回の打ち合わせでは、表面波の話はまったく出てこなかったし・・

提示されたのは、「柱状改良工事」と「H型PCパイル杭打工事」。
柱状改良の事しか調べていなかったので、PCパイルの方を説明してもらった。

どちらにするか迷ったが、結果的にPCパイル工法を選択した。
地下4mあたりから強固な地盤になっているので、そこまで杭を打ち込めば十分な強度が得られそうとの事。
それ程深いということでもないので、打ち込みが不十分という事もそうそう無いだろう。

3.5mを25本、4mを7本の合計32本。
総額は55万円弱というところ。

地盤改良は予定外の出費なので、痛いなぁ・・・
とはいえ、費用をケチるべき内容ではないので、仕方がない。
近所に家を建てた知り合いは、地盤改良に120万円もかかったらしいので、それに比べれば大分ましなのかも。

|

« 太陽光発電:業者探しは難航か? | トップページ | わが子は賢い?(親バカ) »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137953/49418840

この記事へのトラックバック一覧です: マイホーム:地盤調査結果:

« 太陽光発電:業者探しは難航か? | トップページ | わが子は賢い?(親バカ) »